このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

宗野ゼミナール (指導教員:宗野 文俊)

研究テーマ

体育科教育学
幼児期・児童期の運動遊びについて

ゼミ生の研究テーマ

  • 小学校体育授業でのフラッグフットボールの授業づくり
  • 教育現場におけるユニバーサルデザインの実効性
  • 子どもの体力低下問題に関する一考察
  • 鬼遊びが子どもの発達に与える影響について
  • 小学校保健授業における性教育の教育内容の提案
  • ディック・ブルーナが創り出す魅力
  • ダウン症児の運動に関する研究
  • 学校体育におけるダンスの指導について
  • 幼児期の運動遊びの現代的課題と対策について
  • 生きる力を育む言語活動のあり方~子どもの「書くこと」に着目して~
  • 読書教育を通した学級経営について
  • 子どもの食をとりまく環境~神奈川県の特産品を使った献立を考える~
  • 望ましい学級集団~教師が心がけること~
  • 小学校段階での打つ動作習得のための指導内容~攻守一体型ゲームに向けて~

活動内容

◆3年次
春学期:各自の興味・関心に沿った文献講読・情報収集
幼稚部・小学部での遊びの実践

秋学期:各自の研究テーマを絞り込み、関連する文献講読・情報収集
先行研究の調査、研究実施計画の作成、中間報告

◆4年次
春学期:卒業研究題目の提出、卒業論文構成の決定
フィールドワーク・実地調査の実施

秋学期:合同中間発表、卒業論文の執筆・提出
卒業研究最終発表

修得すべき知識や技術

自らの興味・関心にもとづいて知見を深め、理論的に根拠のある自分の考えをまとめる論理的思考を修得する。また、他の人の研究に耳を傾けて考察することで、自らの視野や知見を広げていく能力も修得する。

育成する人物像

運動や体育に関することだけでなく、さまざまな観点から物事をとらえて考え、行動する実践力を身につけた人

ゼミの特徴・特長

自由! 楽しむ! 言いたいことは言う!

担当教員からのメッセージ

教員の専門分野は「体育科教育学」ですが、ゼミではそこにはとらわれずに各自の興味・関心に沿って議論を進めていきます。「わからない」「できない」ことは決して恥ずかしいことではなく、新たな自分を見つけるための大事なステップだと考えています。教員も学生たちから新たな知見を修得し、一緒に成長していくために共に学び、考え、行動していきましょう!