このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

2019年11月30日 オープンキャンパスを開催しました

質問に笑顔で応える4年生

11月30日(土)、年内最後のオープンキャンパスが開催されました。

【個別学科相談&AO事前相談】

今回のオープンキャンパスではこの時期からなのか、学科相談にみえる生徒さんの7割が高校2年生でした。

子ども教育学科に入学したいと考えていらっしゃる生徒さんはどの方も積極的で、夏休みのうちにボランティアを行って、子どもたちのことをよく知ろうとしたり、子どもへのかかわり方を見いだそうとしたりするなど、頑張っていらっしゃる様子が見られました。
(相原 貴史)

「教員・保育士になりたい!」を応援します

また、子ども教育学科の相談コーナーの隣には、教職センターによる【教員・保育士になるための相談コーナー】を開設しています。

今回は、実際に教員採用試験に合格し、4月から小学校の教諭となる4年生2名が、高校生の相談に応じ、実体験に基づく新鮮な話をしました。

夢を叶えた先輩たちに直に触れたことで、数年後の自分とその過程について、想像を具体的にすることができたのではないでしょうか。
(七海 陽)



授業で作成した「理想の保育園」パンフレット

【学科企画】 
「理想の保育園」のパンフレットづくり(学生の作品展示)

「幼児教育課程論」という授業で「理想の保育園」のパンフレットを作りました。学科企画では、学生達の「保育者としての願い」を込めたパンフレット(作品)を展示しました。






友人や親御さんと語り合う姿が見られました

「自分が子どもだったら通ってみたい園」「保育者として働いてみたい園」「保護者として我が子を預けたい園」…。

いろんな視点でパンフレットを眺め、友人や親御さんと語り合う姿が見られていました。語り合いを通して、保育に対する夢を育んでいってほしいと願っています。
(金元 あゆみ)