このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

2019年11月3日・4日 相生祭で子ども教育学科のステージ発表を行いました

相生祭 子ども教育学科のステージ発表

会場は満席となりました

11月3日(日)、4日(月)に相生祭で子ども教育学科のステージ発表を行いました。
今年も晴天の中、たくさんの方にお越しいただきました。
子ども向けの発表として、ダンスや、演奏、劇を行いました。


トーンチャイムで「美女と野獣」の演奏

【4年生 大竹ゼミナール】
トーンチャイムの演奏と「ジャンボリミッキー」のダンス

トーンチャイムは1本が1音を奏でる美しい響きの楽器です。今回演奏した「美女と野獣」は転調も多く難しい曲でしたが、力を合わせて頑張りました。

「ジャンボリミッキー」ではディズニーならではの楽しい音楽に合わせて学生と会場の子どもたちが一緒に踊りました。

会場の子どもたちと「パプリカ」を踊りました

【1年生 宗野クラス】
ダンス「パプリカ」

1年生にとって初めてのステージ発表。
緊張しながらも、一緒になって踊ってくれた子どもたちや観客のみなさんのおかげで、楽しみながらやり遂げることができました!




カニさんたちが出すクイズに答えられるかな?

【2年生 浅見クラス】
参加型劇「海賊ブンブン」

海の探検に出かけた海賊たちは宝箱を見つけました。その宝箱をゲットするためには海のクイズに答えなければなりません。

宝箱の持ち主、カニさんたちが出すクイズの答えを、会場の皆さんと一緒に考えました。


子どもたちからの声で劇が進行します

【1年生いなだクラス】
即興劇

会場の子どもたちに、話の途中で出される選択肢の中から選んでもらいながら進める即興劇です。

子どもたちからの声を生かし、どのようにも話を前に進める、見ていてドキドキの楽しい劇でした。


来年もぜひ、遊びに来てください!

【感想】
今回の相生祭では、朝早くから親子で多くの方が来場してくださいました。「楽しかった」「子どもが行きたいと言ったので」と、両日来てくださった方もいらっしゃいました。子ども教育学科の発表を楽しみにしてくれている方の言葉がとても嬉しく、励みになり、そして心が暖かくなりました。

また、子ども教育学科の中でも自主的に参加を決めて発表したことで、グループの団結力も強くなり、楽しみながら発表を成功させることができたと思います。

今回の普段の授業では得られない色々な経験をさせて頂けたことが、
自分の将来に役立つ大きな糧になると実感しています。
ありがとうございました。
2年 村上桃花