このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

2019年11月3日・4日 相生祭で子ども教育学科のステージ発表を行いました

相生祭 子ども教育学科のステージ発表

会場は満席となりました

11月3日(日)、4日(月)に相生祭で子ども教育学科のステージ発表を行いました。
今年も晴天の中、たくさんの方にお越しいただきました。
子ども向けの発表として、ダンスや、演奏、劇を行いました。


トーンチャイムで「美女と野獣」の演奏

【4年生 大竹ゼミナール】
トーンチャイムの演奏と「ジャンボリミッキー」のダンス

トーンチャイムは1本が1音を奏でる美しい響きの楽器です。今回演奏した「美女と野獣」は転調も多く難しい曲でしたが、力を合わせて頑張りました。

「ジャンボリミッキー」ではディズニーならではの楽しい音楽に合わせて学生と会場の子どもたちが一緒に踊りました。

会場の子どもたちと「パプリカ」を踊りました

【1年生 宗野クラス】
ダンス「パプリカ」

1年生にとって初めてのステージ発表。
緊張しながらも、一緒になって踊ってくれた子どもたちや観客のみなさんのおかげで、楽しみながらやり遂げることができました!




カニさんたちが出すクイズに答えられるかな?

【2年生 浅見クラス】
参加型劇「海賊ブンブン」

海の探検に出かけた海賊たちは宝箱を見つけました。その宝箱をゲットするためには海のクイズに答えなければなりません。

宝箱の持ち主、カニさんたちが出すクイズの答えを、会場の皆さんと一緒に考えました。


子どもたちからの声で劇が進行します

【1年生いなだクラス】
即興劇

会場の子どもたちに、話の途中で出される選択肢の中から選んでもらいながら進める即興劇です。

子どもたちからの声を生かし、どのようにも話を前に進める、見ていてドキドキの楽しい劇でした。


来年もぜひ、遊びに来てください!

【感想】
今回の相生祭では、朝早くから親子で多くの方が来場してくださいました。「楽しかった」「子どもが行きたいと言ったので」と、両日来てくださった方もいらっしゃいました。子ども教育学科の発表を楽しみにしてくれている方の言葉がとても嬉しく、励みになり、そして心が暖かくなりました。

また、子ども教育学科の中でも自主的に参加を決めて発表したことで、グループの団結力も強くなり、楽しみながら発表を成功させることができたと思います。

今回の普段の授業では得られない色々な経験をさせて頂けたことが、
自分の将来に役立つ大きな糧になると実感しています。
ありがとうございました。
2年 村上桃花

2019年10月27日 相模大野ハロウィーンフェスティバル2019

スタート地点でパンフレットを配布

10月27日(日)、恒例の相模大野ハロウィーンフェスティバル2019が開催されました。

今年度も多くの学生がボランティアとして参加しました。朝から夕方まで大忙しでしたが、最後まで子どもたちと笑顔でかかわることができ、たくさんの方々から「ありがとう」の言葉をかけられていました。




子どもたちに「いってらっしゃい!」

スタート地点でパンフレットを配布し学生が「いってらっしゃい」と声をかけると、子どもたちは小さな手を学生に合わせてハイタッチをしてから出発する姿がありました。










子どもの頬や手にスタンプペイント中

フェイスペイントのコーナーでは、一人ひとりの子どもの要望を聞きながら頬や手にスタンプペイントをしました。











会場は笑顔であふれていました

その仕上がりを鏡で見た子どもたちは満面の笑みを見せ、その姿を見て学生たちも笑顔になっていました。

(浅見 佳子)






2019年9月22日 オープンキャンパスを開催しました

高校2年生と保護者の方も多く来場

9月22日(日)、今年度6回目のオープンキャンパスが開催されました。

【個別学科相談&AO事前相談】

今回は高校2年生とその保護者の方からのご相談も多く受けました。来年度の入試に向けて今から熱心に情報収集をされている姿に接し、こちらも説明に力が入りました。

オープンキャンパスは年内あと1回となりましたが、3年生でAO入試を受験する方は、平日の事前相談日もご活用ください。3日前までに予約が必要です。詳しくは、子どもAO入試の「AO入試事前相談・入試日程」を
ご覧ください。
(七海 陽)

これからの保育専門職について考えました

【模擬授業】「これからの保育専門職」

「子どもとのコミュニケーション」という側面だけでとらえられがちな保育職ですが、「子育て支援」が国家政策とされる現代では、さらにそれに、「父母・地域社会とのコミュニケーション」や「特別支援保育(教育)に関する教養や指導技術」も重要とされています。

「子どもが可愛い・子どもが好き」なのは当然の前提条件として、よりレベルの高い保育職を目指すための条件について、参加者約60名と一緒に考えました。
 (久保田 力)

合理的配慮・自立活動について解説

【模擬授業】「障害の理解と支援配慮」

今年度から開設している特別支援教育に関する講義や講演等をベースにした、オリジナルで最新の内容をお話しました。

前回と異なり、病気と発達障害を参考に、特別支援教育で重要な考え方である、合理的配慮・自立活動について解説しました。

専門的な内容でありましたが、参加された方々は熱心に聞いておられました。大学での学びをイメージできたのではないかと考えています。
(新平 鎮博)

誰もが楽しく学べる場や学習を考えています

【学科企画】 先輩と将来を語ろう!
―「将来に役立つ研究」ポスターセッション ―

子ども教育学科に興味を持ってくださっている高校生の方々とお会いでき、嬉しく思いました。私自身もOCで先輩に不安なことを相談していたため、当時の自分と話しているようでした。

子ども教育学科には素敵な学生がたくさんいます。不安なことや聞きたいことがあったら、遠慮なく声をかけてほしいと思います。
(子ども教育学科4年 遠藤・酒井)

個が活きる・活かされる教室を考えています

学内の雰囲気、取得できる資格など、大学の様々な事に興味・関心を持つ高校生や保護者の方にお話しさせていただき、改めて、私自身も相模女子大学を見つめ直す良い機会になりました。

そして、自分が好きだと思う事に夢中になったり、挑戦したりして、みなさんにとっても有意義な4年間になるようにしてほしいと思いました。
(子ども教育学科4年 岩崎・酒井)

2019年9月18日 相模原市社会福祉事業団「銀河生活介護事業所」のみなさまとランチ

1年生の体験活動で「銀河生活介護事業所」のみなさまとランチ

カレーライスもおいしいですか

本年度、新しい試みとして相模原市社会福祉事業団 銀河生活介護事業所にご協力頂き、1年生の体験活動を実施いたしました。

秋雨の中でしたが支援員を含めて10名ご来校いただき、任意参加の1年生8名と学食で一緒にランチを頂きました。

学生も、福祉施設にボランティアで行ったことがある学生から、こうした体験自体が初めての学生まで、さまざまでした。


真剣にメニューを選んでいます

メニューから、銀河のみなさんと学生が一緒に選んでいます。

どれも美味しそうなので、じっくり悩んで好きなものをそれぞれ選びました。

どれを選んでいるのか間違えないように、学生も一生懸命、間違えないように聴いていました。



雨上がりにキャンパスをお散歩

食事を頂きながら、銀河のみなさんから、10月26日(土)に施設で行われる園祭にお招き頂きました。こんどは逆にお邪魔させて頂けるとのこと。ぜひとも伺いたいと思います。

食後には、雨があがっていたので、みんなでキャンパスを散歩しました。今回は、学ぶことの多い貴重な体験をさせて頂きました。銀河のみなさま、本当にありがとうございました。また来年もぜひお越しください。お待ちしております。
(角田 雅昭)

2019年8月25日 オープンキャンパスを開催しました

学科説明の様子

8月25日(日)、夏休み2回目のオープンキャンパスが開催されました。

子ども教育学科を希望される高校生とその保護者、約200名がご来場くださり、学科説明の大教室は、ほぼ満席となりました。






教員の助言を熱心に聞く受験生

【個別学科相談&AO事前相談】

前回のAO事前相談では切れ目なく高校生がいらっしゃいましたが、今回は少し時間にも余裕があり、ややゆったりとした回になりました。

初めての方もいらっしゃいましたが、2回目、3回目と来場し、教員の助言を熱心に聞く受験生の様子も見られました。



学科の在学生から生の声を聞くのも有効です

また、1年生や2年生でも、保護者の方も一緒に、今から本学科に興味を待って来てくださった方もいらっしゃいました。

AO入試が近くなって来ましたが、事前相談を有効に使って、合格に近づいて頂ければと思います。
(後藤 学)




障害の理解と支援配慮について解説しました

【模擬授業】「障害の理解と支援配慮」

今年度から開設している特別支援教育に関する講義で実際に使用したものをベースに模擬授業を行いました。

障害の理解と具体的な支援配慮について解説の後、ミニ体験を通じて一緒に考える機会としました。大学では、さらに理論的なこと、実際の例などを学びますが、本学で学ぼうと思えるような機会になればと念じています。

次回は、発達障害や病気について、具体的なアセスメントシートを紹介します。いずれも、最近の研究成果と実際の講演で使用したホットな内容です。
(新平 鎮博)

楽しく意欲的に運動する環境や
内容を考えることが重要

【模擬授業】「子どもと運動・スポーツ」

模擬授業では、子どもが運動やスポーツに親しむ意義、特に近年話題になっている子どもの体力・運動能力低下の問題を中心に講義を行いました。
 
1964年から継続して行われている体力テスト(小学5年生)の結果の変遷や幼児期の運動への取り組みに対するデータを示しながら、現在の子どもの体力・運動能力の低下の本質的な問題についてお話しし、体力テストの数値の向上を目指すのではなく、子どもたちが楽しく意欲的に運動する環境や内容を考えていくことが保育者・教育者として重要であることを述べさせていただきました。

2コマ続けて模擬授業を受講された受験生や保護者の方も多く、
熱心に聴き入っていた様子がとても印象的でした。
(宗野 文俊)

授業で使う赤ちゃん人形に触れてもらいました

【学科企画】「乳児保育“赤ちゃんの保育”について知ろう」

“赤ちゃんの保育”について知ろう!!ということで、乳児保育に触れてもらえるコーナーを作りました。赤ちゃん人形を渡すと、皆さん本当の赤ちゃんのように大事に抱いて微笑みかけていました。

また、0,1,2歳児向け絵本、木の玩具にも手を伸ばす姿が多く見られ、他にも学生作成の乳児保育に関するポスターや子どもの発達に合わせた手作りおもちゃにも目を向けていました。
(浅見 佳子)

2019年8月4日 オープンキャンパスを開催しました

学科説明の様子

8月4日(日)、夏休み最初のオープンキャンパスが開催されました。200名近くの子ども教育学科を希望される高校生とその保護者の方がご来場くださいました。

【学科説明】

今回の学科説明には、現在保育士として活躍されている卒業生(2014年度卒業)が来校し、ゲストスピーカーとして登壇してくださいました。

現在保育士として活躍している卒業生の話

「サガジョの子ども教育学科の良さは先生と学生の間が近いということです」と受験生の皆さんに話してくださいました。また、保育の現場に出て子どもたちと接するうちに、大学で学んだことはこういうことだったのだ、と思い出すことが多くなったそうです。

保育の現場で、子ども教育学科で学んだことへの理解が深まり、更に勉強したい気持ちになったという実感のこもったお話に、受験生の皆さんも聴き入っていらっしゃいました。
(池田 仁人)

AO入試に向けて具体的な質問を多く頂きました

【個別学科相談&AO事前相談】

今月から行われるAO入試を前に、事前相談には整理券を発行するほどたくさんの受験生にご来場頂きました。

プレゼンテーションやアピールの方法などについて、従来よりも具体的な質問を多く頂きました。受験のときにはできるだけ自信を持って自己アピールしてもらえるように、じっくりとお話しをしました。

「先輩と話そうQ&A」では在学生に相談できます

個別相談にも、たくさんの高校1年生や2年生にご来場頂きました。学科の魅力や、卒業後の進路などについてお話しました。
(角田 雅昭)






保育者は常に自分を振り返る姿勢が大切

【模擬授業】「保育者になろう」

保育者に必要とされている資質・能力の中から、乳幼児理解と人間性について具体的な事例を示しながら考えていきました。真剣に授業に参加している受講生の皆さんの姿が印象的でした。

保育者は専門職です。専門職には、高い人間性・専門性・自立性が求められます。そして、子どもは、一人の人間としての保育者の姿そのものから様々なことを学んでいきます(背を見て子は育っていきます)。高い専門性を有し、かつ一人の人間としても魅力的な保育者になれるように、常に自分を振り返る姿勢が大切です。
(齋藤 正典)

特別支援教育の理念、背景から講義しました

【模擬授業】「特別支援教育って、何だ?」

今回は、「特別支援教育って、何だ?」というテーマで、特別支援教育の理念、背景、現状、実施上でのポイントに視点を当てた授業を行いました。

クイズ形式での進行や体験タイムの実施などで、ほとんどの参加者が主体的に授業に参加していました。参加者は28名で、特別支援教育への関心の高さがうかがえました。本学で特別支援学校教員の免許取得が可能になったことが、徐々に浸透してきたようです。
(大里 朝彦)

”楽”習教材研究(理系)の様子を動画で紹介

【学科企画】

今回の学科企画では、”楽”習教材研究(理系)という授業の様子を動画で紹介しました。

この授業は3年次以降に履修する科目で、高校まで勉強してきた数学を使って面積の測定や製作活動を行ったり、プログラミングをしながら数学を理解したりする活動、PCを使って算数の教材を作って模擬授業を行うなど数学に関する体験活動を重視した内容です。

今年は、木の葉や足の裏、芦ノ湖などの曲線で囲まれた図形の求積、日時
計の制作、パワーポイントで作成した教材による模擬授業、scratchによる
プログラムの様子を見て頂きました。
(後藤 学)

2019年7月13日 オープンキャンパスを開催しました

進路やAO入試について積極的に質問する皆さん

7月13日(土)、2019年度3回目のオープンキャンパスが開催されました。子ども教育学科を希望される高校生とその保護者の方、約100名がご来場くださいました。

【個別学科相談&AO事前相談】

今回もたくさんの方が相談コーナーに足を運んでくだいました。学科相談では、これから自分が目指す進路に向かって何をすべきか、真剣な表情で話を聞く姿が印象的でした。

また、AO事前相談では、子どもに携わる仕事に就くという高い志をもって学んでいこうとする意欲が感じられ、自分が考えてきた内容について積極
的に質問する姿がありました。

新たな一歩を踏み出そうとする皆さんと一緒に学び合える日を楽しみにした
いと思います。
(浅見 佳子)

発達障害が疑われる子どもへの早期支援が必要

【模擬授業】

障害児の早期療養・早期支援~生まれた時からはじまる支援~

発達障害が疑われる子どもたちへの早期支援が必要です。1歳6か月児および3歳児乳幼児健診での早期発見は言うまでもなく重要です。

また、幼少期に発達障害児の特徴が見出される子どものうち、将来的に障害の診断が必要性かどうか微妙な子どもも多く存在すると考えられます。

早期発見から早期療育の導入といっても、どの時点で、どう判断し、養育者にどう伝え、どう支援していくかは、非常に難しいことです。
(トート・ガーボル)

支援を必要とする子どもへの対応ニーズは高い

【特別支援学校教員養成課程説明会】

特別支援学校教員養成課程についての説明を行いました。これまでより多くの受験生と保護者の方が熱心に聞いてくださいました。通常の学校においても、特別の支援を必要とする子どもたちへの対応のニーズは年々高まっており、学科としては、小学校免許と同時取得することを奨励しています。
(岡部 芳広)


作品を展示した図画工作室

【学科企画】

子ども教育学科の造形授業の作品展示

マーガレット本館5階の図画工作室で、授業の中で製作した作品を展示しました。

造形や表現、図画工作科関係の授業では、作品をつくることが目的ではありません。製作を通して、子どもにとって安全な材料の選択をしたり、材料加工方法を身につけたり、適切な接合方法、用具の使い方等の造形基礎を学びます。

「磁石でゆらゆら」

「磁石でゆらゆら」

磁石の引き合う性質を利用して、ペットボトルの内のものが宙に浮いているように見える作品です。






モザイク「コースター」

モザイク「コースター」

教育内容「図画工作」の授業で製作した作品です。タイルを喰い切りという道具で切って並べ、目地用セメントで仕上げます。






「フリクションドラム」

「フリクションドラム」

棒を持ってドラム部を回転させると、セミのように「ギーギー」音がします。松脂を使わず、水と紙の摩擦で音がするのがポイントです。






「モビール」

「モビール」

テーマごとに立体物をつくり、竹ひごの両端にひもで吊るし、バランスを取りながら組み合わせた、風に揺らして楽しむ作品です。

(稲田 大祐)

2019年6月23日 オープンキャンパスを開催しました

積極的に情報収集する姿が印象的でした

6月23日日曜日、2019年度3回目のオープンキャンパスを開催しました。子ども教育学科を希望される高校生とその保護者の方、約100名がご来場くださいました。

【個別学科相談・AO入試事前相談】

受験生の皆さんは、自分にとってどの入試方法が最善なのかを入試日程も含めて検討するために、子ども教育学科のAO入試、推薦入試、一般入試、それぞれの詳細と準備などについて、熱心に質問をされていました。皆さん、疑問を解消して笑顔でコーナーを後にされていました。

子ども教育学科AO入試に向けた事前相談は、何度でも受けていただけます。
教員のアドバイスを参考に、またご相談にいらしてください。
(七海 陽)

「親子のみならず、家族をどう支援するか」
を考えました

【模擬授業】

近年、児童虐待は増加の一途をたどり、そのニュースを目にしない日はないほど、深刻な社会問題として認知されるようになりました。

本日の模擬授業では、近年の児童虐待事件を取り上げるとともに、「親子のみならず、家族をどう支援するか」という視点で考えてもらいました。

児童虐待は、「特別な家庭にだけ起きる、特別な出来事」ではなく、誰にでも身近に起きうることです。子どもに携わる専門職を目指す上で、社会問題の1つとして考えるきっかけになれば幸いです。
(中島 健一朗)

特別支援の知識やスキルは
通常学級でも求められています

【特別支援学校教員養成課程説明会】

今年度から始まった、特別支援学校教員養成課程について、詳しい説明をおこないました。

最近は、特別支援学校や特別支援学級だけでなく、通常の学級の中にも、特別の支援を必要とする幼児・児童・生徒が増えている実態があります。

そのため、特別支援学校だけでなく通常の学校も、特別支援教育の知識やスキルを持った教員を求めており、教員採用試験において、特支免許保有者に対して加点することを明言する自治体も増えています。
(岡部 芳広)

久保田ゼミの≪卒業研究構想発表会≫が
一般公開されました

【学科企画】

久保田ゼミの≪卒業研究構想発表会≫が一般公開されました。3・4年生計13名のゼミ生が卒業生(現役保育士)や高校生に見守られながら、パワーポイント等を駆使しながらのプレゼンテーションに挑戦しました。

実技面の学習が注目され易い子ども教育学科ですが、最終的な理論系必修科目としての「卒業研究」の重要性をアピールできたと思います。
(久保田 力)

2019年5月26日 オープンキャンパスを開催しました

個別学科相談とAO入試事前相談の様子

5月26日、2019年度2回目のオープンキャンパスが開催されました。真夏のような暑さにも関わらず、多くの方にご来場いただきました。

【個別学科相談・AO入試事前相談】

子ども教育学科では、個別学科相談とAO入試事前相談のために教員は6人態勢でお会いしましたが、相談にいらっしゃる方が途絶えることがありませんでした。AO入試事前相談にはぜひ何度も足を運んでいただきたいです。
(荻本 快)

乳児期の育ちや育ちを支える
保育についての模擬授業

【模擬授業】

「乳児期に育つものとは?」というテーマで模擬授業を行いました。人格形成の基礎が培われる最も重要な時期として、乳児期(3歳未満児)の保育の大切さがこれまで以上に重視されるようになっています。

授業では、0・1・2歳児の育ちや育ちを支える保育について講義を行いました。エピソードや写真に微笑んだり、赤ちゃん人形や様々なサイズの洋服に触れたり、乳児の世界に心を寄せる姿が見られていました。
(金元 あゆみ)

特別支援教育が専門の大里朝彦特任教授

【特別支援学校教員養成課程説明会】

特別の支援を必要とする幼児・児童への対応は、年を追うごとに重要度が増しており、特別支援学校だけでなく、全ての教育現場において、特別支援教育の知識やスキルを持った教員が求められるようになっています。

そういった状況に応えるべく、子ども教育学科では今年度、特別支援学校教員養成課程を開設しました。

特別支援教育課程の説明

今回のオープンキャンパスでは、特別支援教育が専門の大里朝彦特任教授による、課程の説明会を行いましたが、興味を持つ受験生が熱心に話に耳を傾けていました。
(岡部 芳広)




「教育内容(理科)」でプログラミングに挑戦

【学科企画“大学生もプログラミングに挑戦”】

2020年度より小学校でもプログラミングが完全実施となります。今回は「教育内容(理科)」授業で学生がプログラミングロボットを組み立て、操作する様子を展示すると共に、実際に用いたロボットを触ってもらえるようにしました。

高校生の皆さんよりも保護者の方が「こういうのをやってみたかった」と仰って、すすんで見たり触ったりしてくださったのには驚きました。
(池田 仁人)

在学生が自身の経験を基にお話しします

【先輩と話そう!!(Q&A)】

先輩と話そう!!(Q&A)では、子ども教育学科だからこそできる体験や学びを、私自身の経験に基づきお話しさせていただきました。

私も受験生の時に緊張しながらオープンキャンパスに通っていたのを思い出しました。
受験生の皆さんは夢に向かってキラキラと輝いており、私自身も元気をもらいました。
(子ども教育学科3年 大塚 桃)

2019年5月18日 2019年度 新入生歓迎会を行いました

2019年度 新入生歓迎会を行いました

宇田川クラス(2年生)によるダンス

大学生活にも少し慣れてきた5月18日(土)に新入生歓迎会を行いました。

簡易舞台とピアノのある712教室で、2、3、4年生の上級生が授業の中で学んだことや、クラス、ゼミナールなどのグループごとにアイディアを取り入れて考えた手遊び、劇、歌などを披露しました。




司会をつとめた2年生

出演する学生も70名以上集まり、朝早くからリハーサルと会場飾りつけの準備をして新入生を迎えました。

最初1年生は緊張して鑑賞していましたが、ダンスを一緒に踊って参加して笑顔になっていきました。



白黒だけで表現した創作絵本を読み聞かせ

【宇田川ゼミナール 読み聞かせ】

3年生のゼミ生で手作り大型絵本の紹介です。ページごとに、モノトーンで描かれた大小の丸の形が動いたり、形が変わったりしていきます。

声色を変えての読み聞かせで、オノマトペに合わせて形が変化する様子は、単なる丸い形でも生き物になったように見えました。

新入生を巻き込んで“素話”をつくっていきます

【稲田ゼミナール 素話】

3年生ゼミ生有志が参加して、「むかしむかし」から即興で話を進めていきます。箱からランダムに接続詞の書かれたカードを引いて、その後に話をつないでいきます。

途中からは新1年生にも参加し、話をリレーしながら奇想天外な結末になりました。

《生まれてはじめて》のヴォイス・アンサンブル

【岡部ゼミナール ヴォイス・アンサンブル】

3・4年生合同でヴォイス・アンサンブルにチャレンジしました。

《生まれてはじめて》はとても難しい曲なので、合わせるのに苦労しましたが、その分やりがいがあり、楽しく歌うことができました。



参加型劇「ジャングルになにがいるかな」

【浅見クラス(2年生) 参加型劇】

すでに何度も発表している劇遊びですが、毎回よりよい内容を目指して修正を重ね、今回は観客参加型の劇にしました。

1年生も積極的に参加してくれたので照れることなく思い切り演じることができました。

新入生も一緒に《COSMOS》を合唱

【大竹ゼミナール 参加型楽器演奏・おどり・合唱】

3年生は手作り楽器を持ちながら《おもちゃのチャチャチャ》を、4年生は《アブラハムの子》と《COSMOS》を歌いました。

1年生と一体になって楽しむことができました。



どれみんみん♪の紹介劇

【どれみんみん♪】

先生方にも協力していただき、どれみんみん♪の紹介を、劇で演じました。

たくさんの1年生が入ってきてくれることを期待しています!



上級生全員で。お疲れさまでした!

上級生の表現の豊かさと会場を一つにまとめる堂々としたパフォーマンスを見て、これから子ども教育学科で学ぶことを楽しみにできたのではないでしょうか。

子ども教育学科では年間を通して多くの人、子どもたちの前で発表する機会が数多くあります。

この様な機会を通して、発表準備や進め方、人前での話し方を含め「伝える」ことを学んでいってほしいと願っています。