このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

2019年5月26日 オープンキャンパスを開催しました

個別学科相談とAO入試事前相談の様子

5月26日、2019年度2回目のオープンキャンパスが開催されました。真夏のような暑さにも関わらず、多くの方にご来場いただきました。

【個別学科相談・AO入試事前相談】

子ども教育学科では、個別学科相談とAO入試事前相談のために教員は6人態勢でお会いしましたが、相談にいらっしゃる方が途絶えることがありませんでした。AO入試事前相談にはぜひ何度も足を運んでいただきたいです。
(荻本 快)

乳児期の育ちや育ちを支える
保育についての模擬授業

【模擬授業】

「乳児期に育つものとは?」というテーマで模擬授業を行いました。人格形成の基礎が培われる最も重要な時期として、乳児期(3歳未満児)の保育の大切さがこれまで以上に重視されるようになっています。

授業では、0・1・2歳児の育ちや育ちを支える保育について講義を行いました。エピソードや写真に微笑んだり、赤ちゃん人形や様々なサイズの洋服に触れたり、乳児の世界に心を寄せる姿が見られていました。
(金元 あゆみ)

特別支援教育が専門の大里朝彦特任教授

【特別支援学校教員養成課程説明会】

特別の支援を必要とする幼児・児童への対応は、年を追うごとに重要度が増しており、特別支援学校だけでなく、全ての教育現場において、特別支援教育の知識やスキルを持った教員が求められるようになっています。

そういった状況に応えるべく、子ども教育学科では今年度、特別支援学校教員養成課程を開設しました。

特別支援教育課程の説明

今回のオープンキャンパスでは、特別支援教育が専門の大里朝彦特任教授による、課程の説明会を行いましたが、興味を持つ受験生が熱心に話に耳を傾けていました。
(岡部 芳広)




「教育内容(理科)」でプログラミングに挑戦

【学科企画“大学生もプログラミングに挑戦”】

2020年度より小学校でもプログラミングが完全実施となります。今回は「教育内容(理科)」授業で学生がプログラミングロボットを組み立て、操作する様子を展示すると共に、実際に用いたロボットを触ってもらえるようにしました。

高校生の皆さんよりも保護者の方が「こういうのをやってみたかった」と仰って、すすんで見たり触ったりしてくださったのには驚きました。
(池田 仁人)

在学生が自身の経験を基にお話しします

【先輩と話そう!!(Q&A)】

先輩と話そう!!(Q&A)では、子ども教育学科だからこそできる体験や学びを、私自身の経験に基づきお話しさせていただきました。

私も受験生の時に緊張しながらオープンキャンパスに通っていたのを思い出しました。
受験生の皆さんは夢に向かってキラキラと輝いており、私自身も元気をもらいました。
(子ども教育学科3年 大塚 桃)