このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

2019年2月26日 新入生対象入学前教育(スクーリング)を開催しました

新入生対象入学前教育(スクーリング)を開催しました

学科長からの挨拶

子ども教育学科への入学が決まっている高校3年生に対して、入学前教育(スクーリング)を開催しました。

最初に学科長の宇田川先生から、開催の挨拶と子ども教育学科での学びに向かう姿勢について話がありました。

話が進んでくるにしたがって徐々に笑顔も見られるようになり、4月からのスタートを楽しみにしている様子でした。


チームで「マシュマロ・チャレンジ」

つづいて、4人一組に分かれてグループワークを行いました。自己紹介と簡単なゲームのあと、マシュマロ・チャレンジと呼ばれるチームビルディングのゲームを行いました。メンバーと協力し合って、なるべく高い塔を作るというものです。

ゲームの結果よりも、一人一人が自分の意見や考えを相互に言い合って協力することなど、教育者・保育者に大切な共同作業について学びました。
(角田 雅昭)


先輩から体験談を聴く

「先輩の体験談を聴く」コーナーでは、この春卒業予定の4年生の先輩たちに子ども教育学科で学んだことについて話をしてもらい、学生生活のアドバイスをもらいました。

新入学生は、授業のこと、履修のこと、アルバイトと学業の両立、就職活動のこと等、先輩の話をきくことで、新しい生活への不安が和らぎ、4月からのスタートが楽しみになったようでした。
(浅見 佳子)


授業で発表したクリスマスの劇と合奏

午後には、子ども教育学科在学生のゼミや有志による、入学予定者歓迎プログラム、ステージ発表が行われました。

普段の授業で学んだことをいかし、一所懸命に新入学生を歓迎しようとする先輩の姿がありました。





ジャングルブンブン
~探検隊になって動物を探しに行こう~

みんなで楽しく体を動かす体操、歌のパネルシアター、様々な楽器を使った音楽表現、劇遊び、そして、最後は入学式に向けて、先輩から後輩へ校歌の指導がありました。








みんなで「ちびまるこちゃん」体操

プログラムが進んでいく中で、新入学生の表情はどんどん和らいでいき、先輩や今日、出会った友達との時間を楽しんでいました。
(浅見 佳子)







はじめての司会、頑張りました

今回、司会進行をした1年生の感想です。

「はじめての司会だったので、緊張と恥ずかしさから最初はなかなか言葉が出てきませんでした。しかし、目の前の新入学生の皆さんが一緒に楽しんでくれている姿を見ているうちに、自分たちも一緒に楽しむことができました。このようなプログラムに参加することができて、とてもよかったと思います(柳下 芽生)」



最後は全員で!

プログラム終了後、指導してくださった先生方も一緒に、全員で記念撮影しました。お疲れ様でした!