このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

2018年8月19日 オープンキャンパスを開催しました

学科説明の教室は満員でした

8月19日、今年度第5回目のオープンキャンパスが開催されました。

猛暑にも関わらず、子ども教育学科には一日で226名の方がご来場くださいました。
学科説明の教室は満員となりました。





齋藤園長による模擬授業「保育者になろう」

模擬授業は、「保育者になろう」という内容で、保育者に必要とされている資質・能力の中から、乳幼児理解と人間性について具体的な事例を示しながら考えていきました。しっかりとメモを取る方がいたりと、とても真剣に授業に参加している姿が印象的でした。

保育者は専門職です。そして、子どもたちは、一人の人間としての保育者の姿そのものから様々なことを学んでいきます。高い専門性を有し、一人の人間としても魅力的な保育者になれるように、常に自分を振り返る姿勢が大切であると考えます。
(齋藤 正典)

AO入試のエントリーは
事前相談で受け付けています

AO入試の受験方法が2019年度より変わり、オープンキャンパスのAO入試事前相談でエントリーを受け付けています。

本日も朝からたくさんの受験生と保護者の方がご来場くださり、午前中は整理券が必要なほど、多くの方に来ていただきました。

担当以外の教員も急きょ面談に入らせていただきました。AO事前相談は何度でもうけていただけますので、ふるってご参加ください。
(荻本 快)


学科企画「”楽”習教材研究(理系)」の紹介

今回の学科企画は「小学校における教材を考える」をテーマとして、子ども教育学科で主に3年次に履修する授業「”楽”習教材研究(理系)」をご紹介します。

この授業は、科目名の通り「楽しく習うこと」をどのように実践するかということが課題です。





数学の楽しさを味わいながら考えた教材の数々

子どもたちに楽しく習わせることができるようにするとともに、将来は先生になる学生自身が数学の楽しさを味わいながら、子どもたちに適切な教材をどのように開発していくかということを研究していく授業です。







学生たちも説明に熱が入りました

当日は、高校生の方をはじめ保護者の方も一緒に学生の作品を熱心に見てくださいました。また、学生ボランティアの詳しい説明があり授業の様子や内容がよく伝わったのではないかと思います。
(後藤 学)






教員・保育士になるための個別相談コーナー

子ども教育学科と同じフロアーで、教職センターの教員による「教員・保育士になるための個別相談」も実施しています。ぜひご活用ください。

次回のオープンキャンパスは、9月23日です。子ども教育学科を肌で感じにいらしてください。お待ちしています!