このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

2018年11月3日・4日 相生祭 子ども教育学科ステージ2018

学園祭で子ども教育学科主催のステージ発表をしました

2日目のステージ発表参加者

2018年11月3日~4日の相生祭で、毎年恒例の子ども教育学科ステージ発表を行いました。

今年は、土曜日と日曜日の開催で多くの方にご覧いただけました。

司会は2年生が務めました。


絵本と歌「はらぺこあおむし」

2日目の演目では、はじめに4年生による手遊び「はじまるよ」で場を盛り上げました。

その後に、絵本と歌によるエリック・カール原作「はらぺこあおむし」の大型絵本を、歌で演じました。





ペープサート「十二支のはじまり」

次に、4年生の有志による劇「十二支のはじまり」のペープサートをご覧いただきました。





ダンス「おならはずかしくないよ」

つづいて、2年生のダンス「おならははずかしくないよ」では、にぎやかで楽しいダンスで大いに盛り上がりました。

それぞれの出身高校で使用していた体操着に着替えての踊りです。



ぐるぐるマリンバ

1年生は、マリンバを用いて交替で5人のうち4人が演奏する「ぐるぐるマリンバ」です。順にパートを変えながら、マリンバの前を横に移動して演奏していきます。

その後に、元気いっぱいの「勇気100%」のダンスを披露しました。

2年生のダンスでは、「踊るポンポコリン」をまず遅めの速さで練習し、その後に皆で合わせて踊りました。


音楽体操「ジャングルブンブン」

最後は1年生クラスによる音楽体操「ジャングルブンブン」です。会場のあちこちから動物が飛び出し、歌に合わせて体を動かしました。

相生祭の子ども教育学科のステージ発表は、有志が集まって普段の授業の中で学んだことを子どもたちの前で披露できる、格好の機会です。

少しずつ緊張を解き、慣れていきながらステージで表現する力を養っていきます。