このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

汗だくになってカプラで遊びました:子育て支援実践研究

自分が遊べなければ子どもとは遊べない

トムテさん

保育士資格取得のための必修科目「子育て支援実践研究」では、5月中旬の二回、オモチャの専門家トムテさん(笠井氏)をゲストにお招きし、外国生まれの木製玩具「カプラ」などで思いっ切り遊びました。











そりゃもうドキドキですよ

単純な一人遊び的「ドミノ倒し」に始まり、天井にまで届くグループ力作「超高層タワー」まで、子どもたちの遊びの発達過程を自己確認できた気がします。
ワンパターンではなく、新しいオリジナルな遊び方を生み出せてこそ、子どもたちとの遊びの共有ができるというトムテさんの言葉に納得しながら、最後には各作品を大音響とともに破壊して楽しみました。
(久保田力)