このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

AO入試受験をお考えの皆さんへ

子ども教育学科のAO入学試験は、「学力評価試験(一般入試など)」や「学業成績評定平均値(公募制・指定校推薦入試など)」には表れない、子どもに関わる活動の経験やユニークな資質能力、「子どもの保育・教育」に対する明確な問題意識や興味関心、あるいは「子ども教育学科」への極めて強い進学意識などにもとづいて、当学科生としての適性を見極めることを目的とするものです。

子ども教育学科では、教員養成課程・保育士養成課程を有する特性に鑑み、将来有望な学生の卵を「見つけ出し・育て・入学試験に臨んでもらう」ため、他学科のAO入試よりも丁寧なプロセスを準備しています。

以下、子ども教育学科AO入試の流れについて説明します。

1.本学科(相模女子大学 子ども教育学科)を知る

進学説明会、オープンキャンパス、入試説明会等をとおして、本学科への理解を深めてください。特に、オープンキャンパスでの学科説明や模擬授業、学科個別相談での学科専任教員との進学相談を受けることをお勧めします。「先輩と話そう!Q&A」で本学科学生と話すのもいいでしょう。

あらゆる機会を利用して、本学・本学科のこと、AO入試のことについて一層の理解を深めてください。

2.「子どもAO(アドミッションオフィス)」に登録する

オープンキャンパスの「学科説明」「学科個別相談」などで配布する「AO入試エントリーカード」、またはエントリーフォーム(リンクをクリック、または下記QRコードより)を用いて、必要事項(氏名・住所・所属学校名・電話/FAX番号・メールアドレス・個別事前面談希望日など)を記入・提出して登録してください。

「AO入試エントリーカード」は相模女子大学入試課窓口でも入手できます。必要事項を記入した「AO入試エントリーカード」は、本学科教員または入試課窓口にご提出ください。

3.「子どもAO」からの連絡を待つ

 AO入試エントリーから約1週間程度で、登録完了のお知らせ、〈個別事前面談〉の実施日程、その他の注意事項(準備など)に関するお知らせを差し上げます。1週間以上経っても連絡がない場合は、お手数ですが再度ご連絡をお願いします。なお、登録後の連絡は、主にメールを使用して行います。

4.≪個別事前面談≫の希望日と時間帯を選択し返信する

下記〈個別事前面談〉実施予定日から希望日を選択し、必ず第1~3希望までをお知らせください。調整のうえ、〈個別事前面談〉の日時を決定します。できるだけ早めの日程で予約されることをお勧めします。

5.≪個別事前面談≫の日時と時間帯の指定を待つ

一週間ほど時間がかかったり、希望の集中により若干の変更をお願いする場合があります。

6.≪個別事前面談≫を受ける(多い方は2回)

子ども教育学科AO入試受験希望者には、必ず〈個別事前面談〉を受けていただきます。〈個別事前面談〉は試験ではありません。最大2回まで受けることができます。あなたが「AO入試向き」の受験生であるかどうかを学科の教員たちが一緒に考えさせていただく相談会と考えてください。複数の教員が30分程度、あなたのお話を聞かせていただきます。

〈個別事前面談〉では、必ずあなたの経歴や活動歴、各方面での成績、子どもと関わった体験歴など、わかりやすく、かつ、具体的に説明できる資料等を用いた10~15分程度のプレゼンテーションをご準備ください。パソコンや視聴覚機材、楽器等を必要とする場合は、必ず事前にご相談ください。詳しくは、下記「プレゼンテーションについて」をご参照ください。

〈個別事前相談〉をふまえて、「AO入試向き」かどうかを判定します。この時点で、他の入学試験での受験をお勧めする場合もあります。

7.「アピールシート」作成のために必要な指導を受ける

〈個別事前面談〉を経て「AO入試向き」であると判定された方には、「アピールシート」の作成の作業に入っていただきます。なお、子ども教育学科には専用の「アピールシート」用紙があり、〈個別事前面談〉を経て「AO入試向き」と判定された方のみにお渡ししています。

 「アピールシート」は、〈個別事前面談〉の内容をもとにして作成していただきます。これまでの経験や自分自身のこと、〈個別事前面談〉での教員とのやり取りで考えたことなどを振り返り、できるだけ具体的に記入してください。その作成過程では、〈個別事前面談〉担当教員による指導・助言も行います。そして、完成した「アピールシート」を提出していただきます。

8.「アピールシート」を提出して「AO入試面接」を受ける

提出された「アピールシート」をもとに面接を行います。面接日は、アピールシートの受付日によって決まります(相模女子大学受験ガイド2018を参照)。提出されたアピールシートと面接を通して、本学科学生として受け入れるにふさわしいか判断します。面接時間は、一人15~20分程度です。

9.「出願依頼」の通知が届いたら「出願」する

選考結果は、AO入試面接後一週間程度で本人宛に通知します。本学科学生として受け入れるにふさわしいと判断した場合には、「合格内定通知書」と出願書類が送付されます。決められた期間内に検定料の振込と願書を提出し、その後合格通知を受領し、入学手続きとなります。

10.合否に関する連絡を待つ


【 備 考 】

  1. 事前個別面談の過程において、学業成績評定平均値が話題となる場合があります(入学後の学習活動に困難が生じないように)。
  2. 本学科の他の入学試験との並行が可能です(例:AO入試と公募制推薦・指定校推薦・一般入試)。
  3. 〈個別事前面談〉の日程は、基本的に申し出が「早い者」順に日程を調整します。必ずしも面談希望日に設定されない場合もあります。また、子ども教育学科のAO入試は、他学科と比べて時間も手間もかかりますので、できるだけ早めの日程で〈個別事前面談〉を予約することをお勧めします。
  4. 「子ども教育学科AO入試エントリー」は12月末まで可能ですが、面談準備や指導・助言の過程を考えると、極力11月末日までのエントリーをおすすめします。
  5. エントリー後の連絡は基本的にメールで行いますので、相模女子大学からのメールが受信できるようにしておいてください。

【子ども教育学科AO事前面談 プレゼンテーションについて】

〈個別事前面談〉のための資料やプレゼンテーションなどの内容・方法は、あなたの自由と自己責任にお任せします。具体的で分かりやすいものをご準備ください。例えば、レポート、作品、スライド・模造紙・画用紙などを用いたプレゼンテーション、映像/音声記録、さらにはその場で実演をしていただいても構いません。
これまでの子ども教育学科AO事前面談では、以下のような内容で受験生の皆さんが頑張ってプレゼンテーションを準備してきてくれました。ご自分のプレゼンテーションを考える際の参考にしてみてください。

①高校での活動
例:生徒会、クラブ活動、ボランティア活動など
②ご本人を特徴づける活動
例:習い事、学外での活動、地域の活動など
③子どもと関わる活動
例:幼稚園や保育園などでのボランティア活動など
④印象的なプレゼンテーション
例:パワーポイント、紙芝居、模造紙、レポート、映像記録など
⑤実演
例:人形劇芝居、絵本読み聞かせ、楽器演奏、歌、踊り、エプロンシアター、作品提示など

上記の例のうち、いくつかを組み合わせても良いですし、それからもちろん、これらの先例にとらわれず、まったく自由なアピールをしてくださっても構いません。子ども教育学科の教員一同、皆さんのプレゼンテーションを楽しみに待っています!

パワーポイントでのプレゼン例(撮影許可必須)
パワーポイントでのプレゼン例(撮影許可必須)

 

 

 

 

【子ども教育学科 AO入試エントリーフォーム】

【〈個別事前面談〉実施予定日】

面談実施日 実施時間 面談実施日 実施時間
6月11日(日) 10:00~15:00 9月10日(日) 10:00~15:00
6月23日(金) 16:30~18:00 9月28日(木) 16:30~18:00
7月10日(月) 16:30~18:00 10月13日(金) 16:30~18:00
7月20日(木) 16:30~18:00 10月22日(日) 10:00~15:00
7月22日(土) 10:00~15:00 11月30日(木) 16:30~18:00
8月9日(水) 10:00~15:00 12月10日(日) 10:00~15:00
8月28日(月) 10:00~15:00

「子どもAO入試」に関するご質問・ご相談などは・・・

相模女子大学 子ども教育学科AO入試エントリー窓口(入試課)

フリーダイヤル:0120‐816‐332  E-Mail:kodomo_ao@mail2.sagami-wu.ac.jp

オープンキャンパスで個別相談を行っております。詳しくはお越し頂いて、お問い合わせください。