このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

2017年8月8日 Kids’サマースクールで子ども教育学科の講座を開講しました

体を動かして楽しく遊ぼう!

くもの巣くぐり

相模女子大学主催、相模原市教育委員会後援によるKids’サマースクールでは、小学生を中心に未就学児でも楽しめる内容を取り揃えて、丸一日学んで遊べる多くの体験教室や講座が開催されました。
子ども教育学科でもその一つに参加し、「体を動かして楽しく遊ぼう!」と題した講座を、幼児グループと小学生グループの2つに分かれて大学体育館にて開催しました。
今回の講座は、本学科学生有志が子どもたちに楽しんで遊んでもらえるように内容を考案し、用具なども準備して行いました。


幼児グループの活動

幼児グループでは、「的当てゲーム」、「障害物走(スポンジ平均台 → くもの巣くぐり → マット転がり→ ボール転がし)」、「転がしドッジボール」を行いました。

<参加学生の感想>
「自分たちで準備したもので子どもたちが遊んで楽しいと言ってくれて、とても嬉しかった。思うようにいかずに声かけなど難しいところもあったが、とても楽しくできた。」


小学生グループの活動

「的当てゲームでは、足の踏み込みを教えることが難しかった。しかし、いざ教えてみると、みんなしっかり踏み込んで強く投げるようになっていて、見違えるように上手になっていた。」








ダンボール引き

小学校グループでは、「障害物リレー(ケンケン → 棒くぐり → 的当てキック → 四足走行 → ボールシュート → ダンボール引き → マット転がり → ペットボトルボウリング)」を行いました。


<参加学生の感想>
「当日に気づくことや変更することも多かった。やっていく中で修正することができたのは良かった。全体的にみんなに楽しんでもらえてよかった。」


全員で「こおり鬼」

「子どもたちが元気に走っている姿が印象に残った。最初は『つまんなそう』と言っていた子が最後には『楽しかった!』と笑顔で終えるのを見て、やってよかったと感じることができた。」

最後は、幼児も小学生も交じって全員で、大学生を鬼にして「こおり鬼」を行いました。
小さい子が捕まっても小学生が助けてあげる場面が多くみられ、鬼の大学生たちの方が先に疲れてしまいました。


暑い中でもみんな頑張りました!

暑い中でも、子どもたちは元気いっぱいに運動を楽しんだ様子でした。
子どもたちの予想外の動きや自由な発想に、子ども教育学科の学生たちも驚くことや学ぶことも多かったように思います。運動を通して実際に子どもたちと関わることによって、講義や実習だけでは学ぶことができない、貴重な経験の一つとなりました。

(宗野 文俊)

2017年8月20日 オープンキャンパスを開催しました

2017年8月20日 オープンキャンパスを開催しました

学科説明の様子

心配された雨も降ることなく、夏休み最後のオープンキャンパスを開催することができました。

子ども教育学科を希望する来場者は150名を超え、大変活気に満ちた一日となりました。





保育専門職の新たな資質能力を考える高校生

模擬授業は『子どもたちの周囲で起きている変化と保育専門職の新しい資質能力』と題して行われました。

参加人数の多さのため、授業教室を急遽変更し、50組ほどの「子ども教育学科」志望高校生とその保護者を対象に、今、子どもたちの周囲で起きている社会的変化のいくつかと、そこから新たに必要とされてきている保育専門職の資質能力について考えました。

とりわけ、「30年以上にわたる少子化傾向の中で育ってきた世代が既に父母になり始めている」という視点からの問題提起に保護者側の興味関心が集まり、終了後も質問が集まりました。
受験生たちは、大学入学後に何を学ばなければならないかを改めて
認識してくれたようです。
(久保田力)

授業でつくった作品と紹介文を展示

学科企画『子ども教育学科で作るもの、学ぶこと』では、学生たちが授業の中で作ったもの(作品)と一緒に、学生の視点から授業紹介文を書いてもらって展示しました。

本学科の授業ではいろいろなものを作りますが、作る楽しみや作品の完成度よりも、“作る過程でどんなことを学び考えるか、作ったものや学んだ技法を保育・教育の場でどのように生かすか”が重要です。




在学生が経験を踏まえて説明しました

当日は2年生3人が、自分の経験などをもとに、
来場者の方たちにわかりやすく話してくれました。
(多和田真理子)


次回のオープンキャンパスは、9月24日(日)です。
皆様にお会いできることを楽しみにしています!

2017年8月5日 オープンキャンパスを開催しました

2017年8月5日 オープンキャンパスを開催しました

今回は、夏休みに入って1回目のオープンキャンパスということもあり、いつも以上に多くの方々にお越しいただき、熱気あふれる1日となりました。

学科説明、皆さん熱心です

学科説明は、多くの保護者の方とともに、現役高校生の参加も多く、熱心に話を聞いていただきました。
前半は、学科の概要、AO入試について、子ども教育学科で学ぶ学生の様子の写真とともに説明しました。





卒業生の、現場経験をまじえた話も

後半は、特別企画として「卒業生を招いて」と題し、昨年年3月に本学科を卒業し本学幼稚部で3歳児を担当している卒業生に、現在の仕事の様子、大学でどのように学んだかなどをインタビュー形式で答えてもらいました。(稲田大祐)





模擬授業「保育士になろう」

模擬授業は、「保育者になろう」という内容で、保育者に必要とされている資質・能力の中から、乳幼児理解と人間性について具体的な事例を示しながら考えていきました。
発言する方がいたり、しっかりとメモを取る方がいたりと、とても真剣に授業に参加している姿が印象的でした。
子どもたちは、一人の人間としての保育者の姿そのものから様々なことを学んでいきます。一人の人間としても魅力的な保育者になれるように、常に自分を振り返る姿勢が大切であると考えます。(齋藤正典)


実習の流れを紹介

今回の学科企画のテーマは「豊かな現場経験を通して育む実践力」。それぞれの実習に向けて、どのような準備を行っていくのかを実習スケジュールと共に紹介しました。
子どもの発達を理解した上での絵本選び、手遊びや手作りおもちゃ作りについて、様々な活動に必要な教材研究の仕方、日誌・指導計画の書き方等。たくさんの方が足を止め、一つ一つの物を手に取りながら、3年生、4年生の説明に熱心に耳を傾ける姿がありました。(浅見佳子)


学科個別相談

個別学科相談では、学科教員4名と補助学生4名で対応をさせていただきました。
「小・幼・保」の3資格取得に関する質問や、今回初めて展示した4年間を通じての実習に関する質問、AO入試についての質問が多く寄せられました。
特にAO入試については、近く本番の入試も控えていることから、受験を検討している生徒さんから、熱心な質問が寄せられました。(中島健一朗)


オープンキャンパスは今後も続きます。ぜひ多くの皆さんに、子ども教育学科に関心を持っていただきたいと思います。

「子育て支援実践研究」恒例の≪こどもの夏祭り 2017≫開催!

「コイン落とし・段ボールフリスビー・エアーバズーカ」などで遊びました

コインおとし

7月16日の日曜日、地域の親子連れ約80組を集めての≪こどもの夏祭り 2017≫が開催されました。


毎年、3年次生の保育専門教育科目「子育て支援実践研究」が授業の打ち上げ(まとめ)として開催しているイベントで、相模原市南子育て支援センターや町田市生涯学習教室のスタッフとのコラボレーションも売り物の一つです。



エアバズーカ

企画・立案・準備・実施の全過程を学生たちが行う「参画」を重視したイベントで、今年は「コイン落とし」「段ボールフリスビー」「エアバズーカ」等が人気のコーナー遊びでした。







ダンボールフリスビー

乳児から小学校低学年までの子どもたちの笑顔から、たくさんのことを学べたと思います。

(久保田力)

2017年7月5日 オープンキャンパスを開催しました

2017年7月5日 オープンキャンパスを開催しました

100名近くの来場がありました

真夏の日差しの中、オープンキャンパスが開催されました。

子ども教育学科の学科説明には、100名近くの志望高校生および保護者の皆さんがご来場くださり、熱心に説明を聴いていらっしゃいました。この時期は、AO入試に関する問い合わせが多いため、学科説明でも「子ども教育学科独自のAO入試」についての説明に時間を割きました。
(宗野文俊)




ピアノを前に説明する大竹紀子先生

模擬授業では、「ピアノ・レッスンのレパートリー体験」と題して、子ども教育学科のピアノの授業がどのように行われているか、実際に曲を聴きながら体験できる講座を開きました。


テキストやレパートリーの曲を教員がポイントを説明しながら演奏し、その後、2年生の在学生3名が弾き歌いと伴奏を披露してくれました。3名とも大学入学時はピアノ初心者だったのですが、とても素敵に弾いてくれ、1年半で上手になるということが受験生の皆さんにも分かってもらえたと思います。

在学生が弾き歌いと伴奏を披露

最後に全員で「おもちゃのチャチャチャ」を合奏して盛り上がって終わりました。(大竹紀子)









在学生の製作物と記録ノートを展示

学科企画では、造形関係の授業で製作した作品を展示しました。授業の成果は、製作物そのものではなく、製作の過程を通して学生が個々に学んだ内容です。


「実践遊び学」では、子どもの造形に適した安全な画材や簡単な接合・接着方法やつくり方などを、「教育内容(図画工作)」では、小学校図画工作で学年に応じての内容、使用道具を考え、課題の展開方法などを検討します。

手に取ってご覧いただきました

作品と共に授業後に学んだことを記録した「記録ノート」も展示しました。多くの方に作品を手に取ってご覧いただき、子ども教育学科の造形の授業をご理解していただけたのではと思います。(稲田大祐)








個別相談も満席でした

個別学科相談では、高校生の皆さんのご相談にお答えしました。
今回は3年生の方だけでなく、1年生の方もみえました。受験やカリキュラムだけでなく、大学で学ぶ意味、学問の自由について熱く語り合う場面もありました。
オープンキャンパスに足を運び、教員と話をすることで、大学での学問の自由さ、研究の面白さに触れてほしいと思います。(荻本 快)


次回のオープンキャンパスは、8月5日(土)です。
皆様にお会いできることを楽しみにしています!

2017年6月14日 小学部「水曜昼どうでしょう」に参加しました

2017年6月14日 小学部「水曜昼どうでしょう」に参加しました

一緒に遊ぼう!!

1年生の授業「基礎教育講座」の一環で、小学部の昼休み時間活性化プログラム「水曜昼どうでしょう?」に参加しました。

小学部では、水曜日の昼休みの自由な遊びの時間に、元々活発の遊ぶ児童に対してはさらなる遊びの広がりを促し、遊びたいが自由となると動きがなくなってしまう児童に対しては新たな遊びへの誘いとなる、学級・学年の枠を超えたプログラムを企画・実施しています。

今回は、学生は数名で4つのグループに分かれて参加し、「大縄跳び」「ドッヂボール」「だるまさんがころんだ」「ドロケイ」を企画して実施しました。

〈参加した学生の感想〉

【大縄跳び】上手く跳べるかな?

【大縄跳び】
「女の子が多い中で一年生の男の子が来てくれて、『跳ぶタイミングが分からない!』と言いながらも真剣に跳んでいたのが印象的だった。」

「子どもと遊ぶのは久しぶりで最初は意外と緊張しましたが、やっていくうちにだんだんと打ち解けてきて、たくさんの子と仲良くなることができました。想像よりも子どもたちは学年に関係なく遊べていて、とても無邪気で、えらくて、なんてかわいらしいんだろう、と思いました。」


【ドッヂボール】いくぞ~!!

【ドッヂボール】
「子どもたちと遊んでいて、一人の男の子から『本気ってありますか?』と聞かれました。少し話してみると、本気でやってほしいということでした。私からすると相手は子どもなので、少しは手加減をしないといけないと考えてしまいます。でも、子どもたちからすると大人にも本気で一緒に遊んでほしいのだと分かりました。また、大人が手を抜くと、子どもたちはそれを感じるということも分かりました。」

「遊びを全力でやることをいつの間にか忘れていたように思います。子どもたちと一緒に遊ぶと、楽しさとともに気づいたことが多くあったのでよかったと思います。」

【だるまさんがころんだ】逃げろ~!!

【だるまさんがころんだ】
「集まらなかったらどうしよう、と思っていたら、数人の子が『だるまさんがころんだ、やりたい!』と言ってくれてとても嬉しかった。小学生に戻った気分ですごく楽しかった。また遊びたいと思った。」

「本気で遊んで、とにかく楽しかった!」





【ドロケイ】捕まえられない~!!

【ドロケイ】
「みんな足が速くて驚きました。自分が小学生に戻ったみたいに楽しくて、久しぶりにあんなにはしゃいだなと感じました。」

「最初は人が集まらなくてどうしようと思いましたが、だんだん増えていってそのうち誰がやっているのか分からなくなるほど人数が増えていきました。私がケイサツをやっていて誰がやっているのか分からなくなっていたら、『僕やってるよー!』と言って逃げていく子たちがいて、子どもたちから声を掛けてくれてうれしかったし、とても楽しかったです。」


学生たちは時間を忘れて、小学部の子どもたちと全力の遊びを楽しんでいました。子どもたちと本気で向き合うことの大切さを体感してきたようでした。
講義や実習だけではなく、身近に幼稚部や小学部がある環境の中で、これからもいろいろな子どもたちと関わる経験を積んでいってほしいと思います。

(宗野 文俊)

2017年6月4日 オープンキャンパスを開催しました

2016年6月4日 オープンキャンパスを開催しました

今回のオープンキャンパスは好天に恵まれました。

学科の授業や入試を紹介

約40組の「子ども教育学科」志望高校生とその保護者の方に集まっていただき、学科の教育課程(授業群)の実例をあげての具体的説明や、「子ども」に特徴的な入試制度である「AO」入試に関する説明などを行いました。
会場となった2141教室はほぼ満席の状態で、30分という短い時間でしたが、受験生たちの熱気ややる気があふれていたように思います。説明が終わった後も、何人かが免許や資格についての質問に来てくれ、盛り上がりました。(久保田力)


カエルくん、ウシくんがやって来た!

「子どものことばの世界」の模擬授業にパペットのカエルくんとウシくんがやって来ました。二人は「あいさつの仕方」を見せてくれました。
相手の目をしっかり見て、自分の気持ちをことばで伝えることが大切。つまり、子どもとのコミュニケーションでは、子どもが自分のことを「受けとめてもらえている」、「見守られている」、「大事に思われている」と目線やことばを通じて感じられるようにすることの大切さを教えてくれたのです。(相原貴史)


色々な楽器に触れてみよう!

学科企画ではマーガレット本館遊戯室において、子ども教育学科が持っている豊富な種類の楽器や、ピアノの授業で使用している楽譜を見てもらえるようにしました。受験生からは授業や実習などについて熱心に質問があり、在学生から「ピアノは初心者でも大丈夫!」「とても良い学科だよ!」と太鼓判を押してもらって安心していました。
遊びに来てくれた小さなお子さんも一緒に民族楽器や在学生が製作した手作り楽器などで楽しそうに音を出している姿も見られました。(大竹紀子)


専任教員がご質問にお答えします

個別学科相談では、高校生の皆さんの、受験やカリキュラムに関するご相談にお答えしました。今回は3年生の方だけでなく、2年生の方の相談も、いつもより多かったように感じました。
早い時期から本学に興味をもってくださっていることを嬉しく感じると共に、時間をかけてゆっくり本学、本学科の良いところを見ていって欲しいと思いました。(池田仁人)





次回のオープンキャンパスは、7月15日(土)です。皆様のお越しをお待ちしています!

汗だくになってカプラで遊びました:子育て支援実践研究

自分が遊べなければ子どもとは遊べない

トムテさん

保育士資格取得のための必修科目「子育て支援実践研究」では、5月中旬の二回、オモチャの専門家トムテさん(笠井氏)をゲストにお招きし、外国生まれの木製玩具「カプラ」などで思いっ切り遊びました。











そりゃもうドキドキですよ

単純な一人遊び的「ドミノ倒し」に始まり、天井にまで届くグループ力作「超高層タワー」まで、子どもたちの遊びの発達過程を自己確認できた気がします。
ワンパターンではなく、新しいオリジナルな遊び方を生み出せてこそ、子どもたちとの遊びの共有ができるというトムテさんの言葉に納得しながら、最後には各作品を大音響とともに破壊して楽しみました。
(久保田力)

横浜訓盲学院の運動会にボランティアとして参加しました

横浜訓盲学院の運動会にボランティアとして参加しました

晴天に恵まれての運動会

 5月27日(土)、子ども教育学科の学生が、横浜訓盲学院(横浜市中区)の運動会にボランティアとして参加しました。






応援する学生たち

 横浜訓盲学院は、日本で唯一の盲聾児教育を専門とした私立の特別支援学校で、全国から子どもたちを受け入れています。






綱引きに参加しました!

 当日は、教職課程の学生を中心に24名が参加、設営や撤収のほか、児童生徒とともに、綱引きや鉄線走などの競技に参加し、児童生徒との交流を行いました。





(中島 健一朗)

どれみんみん♪活動「フィンガーペインティング」

どれみんみん♪が「フィンガーペインティング」を行いました

紙皿にフィンガーペインティング

 5月27日(土)本学にて、子ども教育学科のボランティアグループ「どれみんみん♪」が、ダウン症の子どもたちを招いて、活動「フィンガーペインティング」を行いました。





あじさいをモチーフに

 当日は8人の子どもたちを招いて、紙皿と画用紙を使い、あじさいをモチーフにした製作や、大判の画用紙を使って、自由に創作活動を行いました。





全員で反省会(ふり返り)

 活動終了後には、約2時間の反省会(ふり返り)を行い、子どもたちの特性を踏まえた支援の方法や、次回以降の活動に向けて、新たな活動内容の検討などを行いました。





1年生も体験入部しました

 この日は、1年生の入部希望者が見学と体験入部のために参加し、20名弱の部員で活動しました。今年度は、1~4年生、総勢40名弱で活動を行って行く予定です。





大判画用紙での製作物

 子どもたちの大判画用紙での製作物は、本学10号館2階エレベーターホール前に掲示しています。





(中島 健一朗)